日経225miniトラリピ週次報告(17週目も利益0円)※3週連続利確なし。辛いな~

スポンサーリンク
先物

こんにちは、管理人のカオスユウキです。
12月も早いもので、もう下旬。今週の金曜日はクリスマスですよ。
株式市場もクリスマス休暇が近いのか閑散としていますね。

まだまだ我慢が続く日経225miniトラリピ。
通算17週目、12/14~18の実績をどうぞ。

スポンサーリンク

1週間の値動き

ボリンジャーバンドの指標でいうと、+1σと中央線の間で揺蕩い中。
2週間ほどこのような状況が続いています。

ボリンジャーバンドが少しづつ収縮しているので、どこかで上か下に爆発しそうですね。
できれば下だと売りトラリピ中の私としては嬉しいです。

12/14~18の実績

週の利益:0円
累計利益:311,752円
含み損益:-195,114円 (前週末より -42,000円)
現実損益:116,638円 (前週末より -42,000円)

利確回数:0回

3週連続の利確0回。
含み損は大体20万円あたりで推移。現実損益がまだプラスなので耐えられる状況です。

損益グラフ

12月にほとんど動きがないグラフとなりました。
年内どこかでポジ整理するかどうか迷いますね。

使用している証券会社

日経225miniトラリピに使っている証券会社は、SBI証券

SBI証券[旧イー・トレード証券]

国内ネット証券としては最大級の口座数を誇っています。
先物取引でかかる手数料も低めだったことも使用の決め手ですね。

またIPO(新規上場)を取り扱っている件数も多いため、IPO取引をする人は開設しておくべき証券会社です。

トラリピの設定

対象指数:日経225mini
手法:買い売りの両建て(レンジになる部分を想定して)
開始の証拠金:90万円
トラップ幅:500円単位
健玉数量:1(最低数量)
利確幅:300円単位(1回の健玉→利確で約3万円の利益となります。)
買う限月:必ず半年先にMSQを迎えるもの。2020年12月現在は2021年3月にMSQを迎えるもの。
MSQを超えたので、次からは2021年6月限でポジションづくりに移行します。

cfdのトラリピと異なり、必ず注意しなければいけない点にMSQ(強制決済日)の存在です。
強制決済は毎年3、6、9、12月の第2金曜日の日中市場までで、損益に関係なく、ポジションが消滅します。

永久的にポジションを保有できるcfdとは違います。

大きな損切りを受けたので、ハーフ&ハーフは一旦停止します。
で、検証を兼ねて買い売り両建てのトラリピ設定を試してみます。

25000~26000円のレンジ相場と想定していましたが、上限は27000円になりそうな相場です。

買いトラリピ:25000~26000円
売りトラリピ:25500~27000円
で500円幅で注文をいれています。

週明け月曜日からはようやく下落傾向。
昨日26200円を付けて、26500円のポジションが利益で整理されました。

4週間連続の利益0は回避できましたが、まだまだ下落が足りません。
年内に3月限のポジションがきれいになるといいですね。

先物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カオスユウキをフォローする
アラフォー脱サラ民カオスユウキの投資で目指すセミリタイア

コメント

タイトルとURLをコピーしました